浦河町民芸術祭2018が開催されます

町内で活動されている様々な文科系サークルが一堂に集い、日ごろの練習や活動の成果を発表する年1度の芸術祭!
展示・舞台発表ともに、たくさんサークルの皆さんが作品や舞台を披露してくださいます。
町民芸術祭のために用意した衣装やセット、特別な作品を見ることができるのはこの時だけ!
会場は総合文化会館、入場は無料です!
新たな趣味を探している方、気になるサークルがある方はもちろん、皆で浦河の芸術文化を楽しみましょう。

 

展示参加サークルのご紹介

展示1回目
2018年10月13日(土)10:00~18:00
2018年10月14日(日)10:00~17:00
詳細はこちら

浦河美術協会

昭和30年8月美術クラブとして発足。昭和32年11月に文化協会に加入。昭和39年6月全道展浦河招待展を開催し、昭和40年浦河美術協会に改称。昭和44・45・46年と全日高美術展・全道展移動展・北海道秀作展を開催。
平成18年には、浦河美術協会50周年記念展として元会員を含め34名85点を展示し、活動は現在に至る。


浦河絵画クラブ友の会

現在12名の会員と共に月1度の学習会を行っています。新会員も増え、楽しく励んでおります。新北海道美術協会展の出品者も多く、お互い刺激し合いながら勉強しています。2月に小品展、6月には作品展など計画的に実施しています。絵に興味のある方お待ちしております。


陶芸サークル

会員数が減ってしまいましたが、今までと変わらず、協力し合って作品を作っております。
なかなか思い通りの形にならず、イメージ通りの色が出せずにいますが、ワイワイと楽しんで作った作品をご覧ください。


浦河文化書道同好会

文化書道同好会は少人数ですが、何とか継続しております。会員相互の親睦を大切に、書に対する情熱で過ごしています。興味のある方は、毎週月曜日10時~ 12時まで総合文化会館で活動してます。


浦河盆栽同好会

昭和45年に開かれました。盆栽教室に参加した仲間が中心になり発足しました。
毎年、4月から10月までは月2回例会を行い、会員が持ち寄る盆栽を飾る「ミニ盆栽展」で作品紹介を行っております。また、苗木等を持ち寄り、植え替えやせん定を行い、技術の向上に努めています。


装道礼法きもの学院認可連盟 浦河地区

着物の着装と礼法の普及にと集まり、勉強きものの集いゆかた祭りなど活動しています。今年のテーマは「礼法で、折形の体験!」紙に向い相手を思い心を込めて折り包む。どうぞ来場ください。詳細は会場で…


裏千家茶道サークル喜楽会

始まりは、8年前、浦高公開講座「茶道」に参加の有志がもっとお茶を続けたいとその年の10月サークルを立ち上げました。現在8名が月2回火曜日の夜に開催。席に入れば俗世を忘れ、一心に目の前の点前に集まりをと活動中です。これまでの感謝を一服に込め、広く町民の皆様へ呈茶の機会を通じて、ささやかですが茶道の良さを感じて頂ければ幸いです。


フォトうらかわ

デジタル一眼レフを利用して撮影した作品をプリントして持ち込み仲間同士で勉強になり、参考にしています。活動日は、毎月第1日曜日(夜)例会を開催しております。


展示2回目
2018年10月20日(土)10:00~18:00
2018年10月21日(日)10:00~17:00
詳細はこちら

エンドレスフィメール

日頃からの学習成果を発表するために毎月6月に「小さな美術館」と称し作品展を開催しています。一緒に絵を描いてみませんか?


なずなの会

斉藤洋子先生を中心に集う水彩画サークルです。


浦河華道協会

浦河華道協会は、昭和44年各流派浦河在住の教授者により結成され、その後浦河町に出稽古で指導されている師を迎えて組織されました。結成49年目を迎えます。かつては、80を超えた会員も結婚、育児、転勤等で休会、会員数は減少していますが向上心を持って、日本の伝統文化「活け花」をそれぞれの流派特色を皆様に楽しんで頂きます。


浦河おし花教室

2007年より、開講し今年で11年目です。植物のもつ自然な色合いや花姿を生かしながら、いろいろな国の風景やコラージュ、アレンジメントと幅広く取り組んでいます。日々生徒さんのレベルアップが素晴らしい!花のもつ力で癒されている事に感謝感謝です。いつも笑いの絶えない楽しい教室です。体験講座も出来ますので、お気軽にお立ち寄り下さい。


浦河かぶら俳句会

浦河かぶら俳句会は、明治38年に設立され、一世紀半に渡り活動しています。俳句は難しいと言う思い込みが先行して敬遠されがちですが、短い挨拶文を17 文字にまとめるつもりで作ってみてはいかがですか?


はるにれ短歌会浦河支部

はるにれ短歌会は、北原白秋の流れをくむ「生きの証し」を標榜し会員相互の親睦を短歌の創作活動を目的とし人にやさしくをモットーにして楽しく30年余を過ごしています。現在会員は、前年より4名増の18名となり毎月第2月曜日を例会日とし、一首持ちより勉強しています。その後、道新、日高報知に掲載しています。


NDC 近代和装教育連盟浦河教室

日本女性の“ きもの姿” は世界中の女性の憧れ!箪笥に眠ったままの貴女のきもの!大好きだったお婆様が召されていたきもの!爽やかな風を当てましょう。小物合わせでセンスアップ。” 貴女が輝きます” きもの姿で礼法も学びましょう。


木彫り同好会

設立11年目を迎え毎月2回活動で作品の作成をしております。会員数は、10名と少ないですが、活動しております。作品数は少ないですが、参加させて頂きます。


ステンドグラス虹の会

平成4 年に発足しました。4月から12月迄月一度札幌から先生に来て頂き楽しく作品を作っています。2年に一度の参加ですが皆さんの力作を見て頂きたく思います。今年は作品展期間中体験講座も実施しておりますのでお立ちより下さい。随時会員募集しています。


 

舞台発表参加サークルのご紹介

舞台発表1回目
2018年10月14日(日)開場12:00 開演12:30
詳細はこちら

ソシアルダンス ファースト会

当会は毎週火曜日勤労青少年ホームで夜7時から9時まで活動をしております。若者と社交ダンスを通して交流する場を持ち、社交ダンスが活性化できることを願って取り組んでいます。毎月最終の日曜日に初心者向けの交流ダンスパーティーを堺町集落センターで開催し、楽しく過ごしています。遊びに来てください。


八重山うた大哲会浦河支部

八重山民謡の第一人者である大工哲弘先生に師事し、八重山民謡を中心に沖縄民謡全般を三線(さんしん)という沖縄の三味線を使って学んでいる会です。水曜日の夜に勤労青少年ホームで練習を行っております。ご興味のある方は、見学・体験お待ちしております。


民謡ひばり・三絃会

今年も年に一度の文化祭がやって来ました。日頃の練習の成果が思い通りに唄う事が出来るかどうかが不安な一日です。新人の二人が初舞台をいたします。これからも頑張って参加できる様にしたいと思います。民謡会が続いて行かれるよう頑張ります。一度、遊びにいらして下さい。お待ちしております。


弦の会

完成度は別にして、たくさんの曲を練習してきました。この中から門前先生の編曲で選りすぐりの「超短・クラシックメドレー」をお送りいたします。月に一度先生に来ていただいてレッスンを受けています。練習は不定期ですが、週一回が目標です。チェロを弾いてみたい方はどうぞ声をかけてください。ご一緒に楽しい曲をを弾いてみましょう。


(公社)日本詩吟学院 岳風会北海道樽前岳風会 浦河支部

当支部は昭和42 年に発足して現在に至っております。詩吟は日本の伝統芸能で、漢詩や和歌、俳句を吟じ楽しんでおります。腹式呼吸で大きな声を出しますので、健康やストレス発散にも良いですよ。例会は、毎週水曜日午後1時30分~午後3時30分まで、浦河町総合文化会館で練習しております。


浦河混声合唱団木曜会

今年も11月23日( 金) に第59回演奏会を行います。曲の思いが伝えられる様みんなで練習に励んでいます。また11月18日(日)道民芸術祭「合唱祭」が行われますので、ぜひ聞きに来て下さい。木曜会では、新会員をいつでも募集しております。毎週木曜日、総合文化会館2 階のリハーサル室でお待ちしております。


浦河アイヌ文化保存会

アイヌ古式舞踊はアイヌ民族が自然の恵みに感謝し、自然との対話を通して生み出された歌や踊りで、現在まで継承されています。1984年昭和59年には、国指定重要無形民俗文化財「アイヌ古式舞踊」保存団体として指定を受けました。2000年平成17年には、アイヌ文化財団より、アイヌ文化奨励賞を受賞しました。


一般社団法人 詩吟朗詠錦城会 道央本部浦河道場

私達、詩吟錦城会 浦河道場会員13名は、月3回木曜日午後1時から文化会館で練習に励んでおります。仲間と共におしゃべりに花を咲かせ、いつも楽しい時間を過ごしております。日本の伝統文化の詩吟は、健康に良く、大きな声を出したあとは心も軽くなります。あなたの参加をお待ちしております。


フラサークル 浦河カマレイ

私達フラサークル活動歴15年目を迎えます。今年は15年を記念して、指導者の土井先生を囲んで、静内にて6地区のフラサークルの仲間と「アロハの集い」を開催。フラの仲間と共に楽しい思い出を残すことが出来ました。毎週水曜日青少年ホームで昼の部・夜の部で練習をしています。興味のある方はいつでも歓迎します。一緒にフラを楽しみませんか。


仙覚流仙覚会浦河支部

古典の日本舞踊を基本に、民謡や歌謡舞踊、そして、新しい感覚での創作舞踊等、幅広いチャレンジをして、楽しくお稽古に励んでおります。会員の減少と高齢化の中、今年は新しい会員を迎える事となり、新たな思いで活動を続けております。


音羽流浦河菊釉会

日本舞踊はとっつきにくい。又難しそうに思われがちですが、歌謡曲・民謡・古典と幅広く楽しんで戴けます。一度舞台でご一緒に踊ってみませんか。尚、お稽古日は通常月3回で、毎週日曜日午後5時から行なっております。いつでも見学に来てください。心よりお待ちしております。


うらかわ町民吹奏楽団

うらかわ町民吹奏楽団は、昭和47年に設立され、以来吹奏楽コンクールへの出場や町内福祉施設への訪問演奏、さらに、地域のお祭りや日高管内吹奏楽祭などのイベントにも積極的に参加しています。


浦河高等学校吹奏楽局

私達吹奏楽局は、現在女子20名、男子5名、計25名で活動してます。今年で創局62年目に入れました。部員どうしの思いやりを忘れず、努力を怠らず自主的に行動することを目標に日々練習してます。1か月前に3年生が引退し、新体制で初めての演奏会になります。今できる最大限の演奏をします。浦高サウンドを聴いてもらい、吹奏楽の楽しさが伝わるように部員一同も楽しみつつ全力の演奏をお届けします。


舞台発表2回目
2018年10月14日(日)開場12:00 開演12:30
詳細はこちら

大正琴 涼の会

年々仲間も少なくなり、淋しくなりましたが、またこの舞台に元気で演奏できる事を大変うれしく思っております。どうぞ皆様もお元気でお楽しみ下さい。


ダンスサークル ウイング

私共のサークルは、毎週金曜日浦河町堺町基幹集落センターで練習を行っています。会員は少なく小規模組織ですが、社交ダンスの種目毎に備わる優雅さ、情熱といった雰囲気を楽しみながら練習に励んでいます。社交ダンスはスポーツ的要素を兼ね備える、健康的なものなので、趣味として楽しんでみてはいかがですか。


浦河女声コーラス コール・リュミエール

「楽しく歌う」をモットーに今年で38年目を迎えました。歌の好きな仲間・歌う事の出来る喜びを感じながら毎週水曜日に集まり練習をしております。今年も脳活性化の為、暗譜に挑戦いたします。歌に興味のある方一緒に歌いませんか? いつでもお待ちしております。


喜多流東遊会

平成13年2月に喜多遊東遊会が浦河町に誕生。依頼派遣していただいた遠山美恵子氏に変わり、現在は東京在住の塩津圭介師に指導を仰ぎ、能楽の練習を重ねております。私達は、能楽を学べる喜びに俗し、町民の皆様に当会の演能を通じて「能」への理解をより深めて頂き、未来へと続承できれば会員一同望外の幸せと存じます。


大正琴 杉の会

継続は力なりを合言葉に、時には挫折しそうになりながらも仲間に助けられながら続けてまいりました。少人数での演奏になりますが、力を合わせて楽しんでおります。日頃の練習の成果が発揮できるよう頑張りますので、よろしくお願い致します。


浦河フォークダンス同好会

平成3年にスポーツ教室として行った後、同好会を発足、今年で27年目になります。時には可愛らしいコスチュームに変身出来るのも楽しみの1つです。興味のある方は、毎週火曜日19時~ 21時まで総合文化会館。水曜日午前9時30分~ 11時30分までファミリースポーツセンターで練習しております。


浦河箏の会

若い仲間と共に・・・今年17年目を迎えます♪5月には、念願だった癒しの演奏家「なおこバンド」をお呼びしてコンサートを開き、たくさんの方々に奥深い琴の音色と唄を楽しんでいただきました。(この場をお借りしてチャリティのご協力ありがとうございました。)


ダンスサークル ブリスター

当サークルは、日々の研鑽をおこなうことにより、多くの人々が社交ダンスの魅力を感じていただければ、愛好者の増加ならびに会員の加入につながればと思い日々の活動を精力的に行っております。また、町民芸術祭に参加のため、会員同志がお互いの技術の向上と振り付けのアドバイスを行い、一年を通して研鑽をしております。


浦河民謡三絃会

当会は平成25年に発足し、佐藤孝章師の指導を受け、民謡に太鼓、三味線と楽しんでいる会です。会員はまだ少ないですが、小学生から80歳代のメンバーで励んでいます。また、全国大会・全道大会も目指して頑張っています。なお、只今会員募集しております。私共と一緒に楽しみませんか?ご連絡お待ち致しております。


ひがし町パーカパッション アンサンブル

2014年よりひがし町診療所で行っている音楽プログラムから始まったアンサンブルです。楽譜などはなく、周りを見ながら一緒に演奏したり、時には自分がリードしたりしながら即興で音楽を作っていきます。昨年、札幌国際芸術祭に出演し、北大マルシェや狸小路でのライブや市電でのライブも実施した。


日向ひょっとこおどり 北海道浦河愛好会

「笑う門には福来たる」を合言葉に当会を立ち上げ、今年で9年目になります。日向ひょっとこ踊りの大切にしている「家内安全」「商売繁盛」「豊作」を願い、また高齢者・児童等の福祉施設・各自治会の敬老会やお祭りにうかがい踊っています。これからも、会員揃って元気に踊っていきたいと思っています。


「座・たくあん」

平成14年に発足して以来、本年で16年目になりますが、続けている会員は5名中3名います。昨年、スコップ三味線の部がで
き、1名入会しました。元気で明るく楽しく笑ってお芝居をして若返りましょう!をモットーに頑張っています。