古来から薬草としても重宝された藍の葉

のれんや浴衣、風呂敷など、藍色の布製品は古くから日本人に愛されてきました。
藍染めの原料は、アイと名のつくさまざまな植物で、元々、世界各地に自生していたものです。そしてこの植物は古来より多くの効能を持つ薬草として珍重されてきました。
日本においても染めの原料としてだけでなく、肌に塗ったり、貼ったり、煎じて飲んだり、食べたり、人の暮らしに欠かせない大切な存在だったようです。

 

浦河産の藍を使ってスカーフを染めよう

日本人に愛される藍染めを浦河産の藍でやってみよう!という企画が森の六畳書房さんで開催されました。
使用する藍は店主のアライグマさんと浦河の苺農家さんが育てた浦河産タデ藍!
「今年は太陽さんあまり出なかったから成長がイマイチだったのー」とアライグマさん。
でも庭にはたくさんの藍の葉が揺れていました。

 

昔ながらの生葉染めを体験

葉っぱを茎からちぎり取り、1cmくらいに包丁で刻みます。
ここからは時間との勝負!刻んだ葉っぱが酸化してしまうと染まりが悪くなってしまうとか。
細かくなった葉を今度は潰して藍の葉ジュースを作ります。水を足しながら、すりこぎやザルを使ってすり潰していくので中々の重労働!ミキサーでガーっとやってもいいようですが、今回は昔ながらの手作業です。
青くなるのかと思ったら綺麗な緑色のジュースができました。

 

染め干しを3回繰り返して完成

絹のスカーフを浸すと目が覚めるような空色に!当日は快晴だったので眩しいくらいの水色に驚きでした。太陽が出てるときに染める方が綺麗に染まるそう。
私たちが馴染みある紺色の藍染は葉を発酵させて染める技法だとか。
色んな技法があるんですね!

 

藍染め体験のまとめ

お庭で藍を育てられて、しかも浦河でも元気に育つという事に驚きました。雑草の藍は色が綺麗にでないので、丹精込めて育てた物を使うんだどか。
タデ藍は強い植物なので、葉を取った茎を水に入れておくと再び根をはり種をつけるんだそうです。来年は種から栽培して自家製藍染めにチャレンジしてみたいです。
素敵な企画を開催してくれた森の六畳書房さんありがとうございました!!